UR賃貸住宅

UR賃貸住宅とは?

By: master

UR賃貸住宅を検討しよう

UR賃貸住宅は最近注目されている物件です。
都市公団という団体が管理していた物件をUR都市開発機構が引き継いで管理している物件のことを指します。
メリットとして、同じ家賃水準の物件よりも礼金や更新料、契約手数料などがとても安くなっており、保証人の必要もなく住むことができるというメリットがあります。
条件が良いにも関わらずとても安価に住むことができるので、近年とても人気がある物件となっています。

人気の高い物件になると入居するには抽選があり、競争率もかなり高い倍率です。
なんと10人に1人ほどしか当選しないという場合もあり、一般的な賃貸物件と比べると非常に高倍率です。

UR賃貸住宅のメリット

UR賃貸住宅は費用が安く済むということ以外にもメリットがあります。
それは、住宅自体がとても高品質ということです。
一般的な家賃相場の物件よりもグレードの高い部屋に住むことができ、そのコンセプトも快適な住空間を提供するというものになっています。
多くの賃貸物件は戸数を多くして、なるべく入居者を増やして家賃収入を多くしたいという目的があります。
ですが、UR賃貸住宅は本来の快適な空間作りに重点を置いた作りになっているので、とても快適なのです。

今の民間の賃貸物件とは逆の流れにも見えるような広い住空間で安価な家賃となっており、まさにUR賃貸住宅ならではの大きなメリットと言えます。
今まで民間の広めの物件を検討していた方も多いと思いますが、そうなるとどうしても高級物件の価格帯のものを探すことが必要になってきます。
UR賃貸住宅ならちょっと背伸びをすれば届く範囲に入ってくるので、入居するまでが少し大変ではありますが検討するのもおすすめです。

UR賃貸住宅のデメリットは

UR賃貸住宅のデメリットは、戸数が少ないということです。
条件が良く、物件自体も高品質なので非常に競争率が高く、思ったタイミングで入居できるとは限りません。
そのため根気よく営業センターなどに連絡するか、どうしてもタイミングが合わない場合には諦めるしかありません。
一般的な賃貸物件の場合は探せばどこかが見つかるので、その点では探しやすいと言えます。

UR賃貸住宅の他のデメリットは、基本的にはあまり無いと言えます。
向いている方としては、引越し時期のタイミングに余裕を持てる方なら検討するのもおすすめと言えます。

UR賃貸住宅は、何となくファミリー向けの住宅が多いと感じやすいですが、単身でも住むことができます。
新しいUR賃貸住宅の物件も建設が各地で進んでいるため、こうした新しくできる物件に注目して検討してみるのもおすすめです。
ぜひあなたの納得のいく物件を探してみて欲しいと思います。

Back to Top