フライパン

ガス代節約のための料理の基本

By: master

料理のガス代を節約しよう

料理をする際にはガスを使うことが多いですが、ガス代がもちろんですがかかります。
毎日料理をしているとガス代は比較的多いな金額になるため、家計にも影響することがあります。
ですが、料理の際にポイントを押さえてガスを使うようにすることで大きくガス代を落とすことができます。
最近ガス代がちょっと高いと思っている方や生活の中で節約できることがないかを探している方はガスの使い方を
見直してみるのもおすすめです。

ここではすぐに使えてガス代を抑えるのに効果的な節約方法をご紹介していきます。
ぜひ参考にしてあなたの今後に役立ててみて欲しいと思います。

ガス代節約のポイント

ガス代を節約するためのポイントは、まずは鍋です。
鍋は料理の際に使用している方も多いと思いますが、実は使い方で大きくガス代が変わります。
鍋のポイントは二つあり、まずは厚みです。鍋は厚みが薄めのものと厚いものがありますが、薄い方が
より熱が伝わりやすくなります。また、厚手の鍋はじっくりと煮込みたい料理を作る時に向いています。

そのためガス代を節約するためには、この二つの鍋を使い分けることが大切です。
料理に合わない鍋を使っているとムダにガス代を使っている可能性があるので、一度無意識に使っている方は
自分の使い方を振り返ってみましょう。お味噌汁などを作る際には薄手がおすすめです。
また、煮込み料理やカレーなどを作る際には厚みのある鍋がおすすめです。

この基本を守るだけでも節約することができますが、もうひとつのポイントがフタです。
鍋は使う際にフタをしない方もいますが、フタを使うことで熱が逃げていかないので
より効率的に熱を鍋に通すことができます。これはかなり大きく違ってくるので、
これまで使っていなかった方はフタを活用していきましょう。

また、フライパンを活用するのもおすすめです。
フライパンは炒め物に使っている方は多いと思いますが、実は
パスタを茹でるにも使うことができます。そして、その方がガス代の節約になります。
最初は少し抵抗がある方もいるかもしれませんが、フライパンでパスタを茹でてみましょう。
時間が短く済むほか、水の量も節約することができます。

下ごしらえが済んだ食材を使うのも手

最近は、インターネットを通じて食料品を購入することも容易になりました。
有機野菜の宅配サービスを担うショップなどでは、「下ごしらえの済んだ食材」を
扱っていることもしばしばです。これは、皮むきや下茹でが住んだ状態で売られている
食材で、手間をかけることなくすぐ調理に使えるという優れものです。

下ごしらえが済んでいれば、火を使うことも少なくなり、ガス代の節約になるでしょう。
おまけに、自炊と変わらない料理を作ることができるため、外食や店屋物のように
栄養バランスの偏りやすくなることを防げるというメリットがあります。

鍋やフライパンの使い方を見直そう

以上、ガス代節約のために簡単にできる方法をご紹介してきました。
鍋やフライパンは日常的に何気なく使っている方も多いと思いますが、このように
意外にもポイントがたくさんあるのです。ぜひ使い方を見直して、しっかり節約して欲しいと思います。

節約すればお金が浮くので、それでさらにおいしい料理を食べることもできますし、
鍋やフライパンをより良い物に変えてみるのもおすすめです。
色んな可能性があるので、ぜひあなたも節約生活にチャレンジしてみましょう。

Back to Top