家賃

家賃の目安

By: master

家賃の目安は収入の3分の1

引越しをする際には、どれくらいの家賃なら負担なく生活していくことができるかを考えることが大切です。
家賃の目安は収入の3分の1が基本です。
ただし、最近ではこの3分の1の数字が少し高いのではないかという見方も出てきています。
見直しをして、よりあなたの状況に合った家賃の物件を検討することが大切です。

家賃の目安が下がっている理由

家賃の目安が下がっている理由として、他にも様々な固定費がかかるようになってきていることが挙げられます。
特に最近ではスマートフォンやインターネットの回線などの固定費が支出を圧迫するようになっています。
こうしたものは家賃と切り離して考えてしまいがちですが、やはり合わせて考えることがとても大切です。

一度自分の支出を見直すこともとても大切です。
銀行の引き落としやクレジットカードの明細をチェックして、どんな出費があるのかを確認してみましょう。
意外と自分が気付いていないような支出があるはずです。
何気なく使ってしまっているものを合計してみると、意外と見過ごせない金額になっていたということはよくあることです。
この支出を今後はやめるようにしようと決めると、その分を家賃に充てることもできるようになります。

また、最近はなるべく固定の支出は抑えようという動きが活発化しています。
例として、車も所有するものではなくみんなで共有するものというカーシェアリングサービスも普及してきており、使いたい時に使うというのが普通になってきています。
もちろん住宅は毎日使うものなので固定費としてかかるのは仕方ありませんが、できるだけ抑えるようにするというのは非常に大切です。

月6万円の家賃ということは年間で72万円の支出です。
この費用をかけるだけのメリットがあるのか、他に良い選択肢がないのかということを常に考えておくことが大切と言えます。

物件はじっくり選ぼう

このように考えると家賃の目安は3分の1を切る4分の1に近い金額でも良いかもしれません。
もちろんどうしても外せない希望として部屋にこだわりがある方は重視しても良いと思います。
ですが、あまりこだわりがない場合は毎月の固定費を下げる意味でも、できるだけ低い水準も含めて検討してみるのもおすすめと言えます。
ただし、家賃を下げすぎて毎日の生活が不快になりすぎてしまうのは避けるようにしましょう。

迷ってしまったら不動産業者の営業の方に相談をしてみるのもおすすめです。
営業の方なのでどうしても契約を勧められますが、不動産のプロの方として参考になる話も多くあるはずです。
ぜひ参考にして、役立てられるものがあると感じたら物件選びに生かしてみると良いでしょう。

Back to Top