計算

毎月かかる家賃を安くする方法

By: master

家賃を安くする方法がある

毎月の大きな固定費としてかかっているのが家賃です。
家賃は生活費の中でも大きな部分を占めているという方も多いのではないでしょうか。
家賃は一度その家賃で住むと決めたら下げられないことが多いため、その出費は仕方ないと諦めている方もいると思います。

ですが、実は家賃を節約する方法があります。
これを知ることで家賃の負担を下げることができるので、ぜひ活用することをおすすめします。

家賃の負担を下げる方法をご紹介

家賃の負担を下げる方法の一つめは、家賃をカード払いにするということです。
家賃は毎月銀行口座から引き落としになるのが基本ですが、最近はカード払いに対応している物件も増えてきています。
カード払いにするとカードのサービスを利用することができ、ポイントを貯めることができるのです。
ポイントが100円で1ポイント貯まるカードなども比較的多いので、そうしたカードを活用すれば例えば8万円のマンションなら800円のポイントが貯まるようになります。

これを使わずに残しておいたとすると、1年で9,600円分ものポイントが貯まるようになります。
そのため、意外と見過ごすことのできないポイントなので、切り替えができる方はぜひ切り替えるのも良い選択肢と言えます。

また、これから入居する際には交渉をしてみるのもおすすめです。
家主の方もなるべく空きがないように家賃収入が入ってきて欲しいと考えています。
そのため交渉次第では提示されている家賃よりも安く住むことができる場合もあります。
ここは不動産業者の営業の方とも話をして、なるべく安くしてもらえるように交渉しましょう。
上手くいけば2,000円ほど家賃を下げてもらえるなどの結果に繋がることも多いです。

これも2,000円だとそれほど大きく感じないかもしれませんが、1年経つと24,000円となり、かなりまとまった金額になります。
このように、一見小さくてもそれが継続することで大きく膨らむコストはとても多いので、甘く見ずに見直すことがとても大切なのです。
交渉するのに気が引けるという方もいるかもしれませんが、比較的多くの方が交渉をしているため、最近では家賃交渉は当たり前のことにもなってきています。
業者の方も値引きありきで考えているところもあるので、最初は抵抗があるかもしれませんが話に出していくと良いでしょう。

家賃を見直してなるべく負担を軽減

以上、家賃の負担を下げる方法についてご紹介しました。
他にもルームシェアやシェアハウスもおすすめです。
シェアハウスは共同生活で一人当たりの家賃負担が減るので、比較的安く良い部屋に住むことができます。
もちろん共同生活なので、その点が合う合わないはありますが、検討してみるのも良いと言えます。
こちらは物件を扱っているサイトです。

参考:オークハウス

家賃を直接下げる方法はありませんが、他の面で負担を軽くする方法はこのようにたくさんあるのです。
ぜひできることは積極的に取り入れて、あなたの家賃負担も軽くしてみてほしいと思います。

Back to Top