携帯の無駄なオプションは解約しよう!

By: SLkur7uK

契約時にたくさんオプションをつけている人は注意

携帯電話やスマートフォンの契約というのは非常に複雑で、おそらく使用をしている人の大半が、自分がどんな契約をどのようにしているか把握していないでしょう。

契約を複雑化させている原因が、通話料金と通信プランが別になっていることや、月額料金に端末代金が分割払いになっていて、それに対して割引が入ること、さらに各種オプション契約によって金額が上下していくといったものです。

現在のキャリアに不満があるという人でも、こうした面倒な契約の更新をすることが億劫になってしまい、結局なんとなく使い続けてしまっているということがよくあります。

現在の月額料金やサービスに十分満足しているならよいですが、月々の料金を高いと感じているなら一度自分が加入しているオプションを見直してみることをおすすめします。

特に数年前に契約してそのまま継続をしている人の場合、その後に登場したプランにすることでかなり料金を安くすることが可能です。

普段あまり通話をしない人や、自宅や職場にWi-Fiがあって通信料もそれほど多いわけでない人なら、見直すことで月額料金を半額以下にもできるでしょう。

よくあるオプションに契約と解約方法

モバイルキャリア各社は新たにスマホを購入する人に対し、有料オプション契約への加入をかなり強く推してきます。

営業成績をあげようとする人になると、あたかもそれがないと非常に困るような脅迫的な口調で加入を促すこともあるので、話を完全に鵜呑みにするのではなく、本当に必要かどうかを判断していく必要があります。

実際、新規加入や機種変更の時に有料オプションに加入する人がいるとその分お店にマージンが入るようになっていますので、お店側も必死なのです。

このオプション契約は仮に一度加入していたとしても、その後インターネットのマイページから簡単に解約できますので、料金の見直しとともに定期的にチェックしておくことをおすすめします。

オプション契約としてよく見られるのが「迷惑電話撃退」や「お留守番電話」「通話定額」「デザリングオプション」などです。

こうしたものは頻繁に電話を使用する人ならば必要かもしれませんが、主にデータ通信をする人にとってはほとんど意味がありません。

仮に何らかのトラブルがあって迷惑電話がかかってくるようになったのであれば、その時につけても遅くはないでしょう。

無駄なオプションに入らないためには、必要なオプションのみに絞って加入するという方法が便利です。

新規に契約するなら「端末保証」や「特定の端末へのかけ放題」などといったものがあれば、あとはそれほど必要というわけではありません。

Back to Top