ガス

簡単にできるガス代の節約

By: master

ガス代を節約したい方へ

寒い季節になると気をつけたいのがガス代の節約です。
温かく過ごしたいためについガスを余計に使ってしまうこともあり、意外とひと月の出費が大きくなったという方もいます。
ここではそうしたガス代の高さに悩んでいる方のために、簡単にできて効果のあるガス代の節約方法をご紹介したいと思います。
どれも取り入れやすくて節約効果があるので、ぜひあなたも試してみて欲しいと思います。

ガス代が節約できればその浮いたお金を他のことに使うことができ、さらに生活の他の面でもプラスのことがあるはずです。
まずはできることからやってみてくださいね。

参考:ガス代を節約する32の全方法

節約術をご紹介

ガスの節約の方法としてまずできることは、お風呂の設定温度を下げるということです。
お風呂には給湯温度が設定されていますが、1度くらいならあまり体感的な違いがないことが多いです。
ですが、ガス代が1度でも意外と大きく変わってきます。
そのため、給湯温度を見直して少し下げてみることをおすすめします。
ピッと1度下げることで節約になるので、これをしない手はないと言えます。

特に家族の方などは複数の方がお風呂に入るので、1度下げるだけでもその差の積み重ねはとても大きなものになってくるのです。
たかが1度、されど1度というわけです。

次に食器を洗う時になるべくお湯を使わないようにするということです。
冬の季節にはお湯で食器を洗いたくなってしまいますが、これはガス代が高くなる原因となってしまいます。
その都度お湯で洗っていると、これも積み重ねでかなり大きな金額になっています。
これを水洗いで済ませるためにゴム手袋を活用すると良いでしょう。
ゴム手袋は水の冷たさから手を守ってくれるので、水でも食器を洗うことができます。

さらに、お湯で食器を洗っていると手の脂分が流れてしまい、乾燥することもありますが、ゴム手袋ならそうした心配もありません。
フトコロにも手にも優しいのがゴム手袋なのです。

三つめとして石油ストーブを活用する方法もあります。
石油ストーブの場合は上にやかんや鍋などを乗せることができるので、その熱を活用することで調理の際のガス代を節約することができます。

石油ストーブは以前よく利用されていて、最近はあまり利用していない方が多いのではと思われる方もいるかもしれません。
ですが、最近でも石油ストーブは根強く残っており、今でも十分に活躍してくれるので、ぜひ節約をしたい方は最初費用が必要になりますが購入するのもおすすめと言えます。

ガス代をしっかり節約

以上、ガス代の節約方法についてご紹介してきました。
どれも比較的取り入れやすい方法なので、ぜひあなたに合った方法を取り入れて活用することをおすすめします。
節約上手になって、さらに毎日を楽しく過ごしてみてくださいね。

Back to Top