食材は1週間分まとめ買いがお得!その理由は?

By: SLkur7uK

まとめ買いをする時に注意をしておきたいこと

節約のために自炊をしている人にとっては、食材はまとめ買いをしておくのがお得です。

笑い話の一つとして、つきあい始めの時に彼女が彼氏の家に遊びに行った時に冷蔵庫にたくさんの食材が入っていたので気を使って料理を作ったところ、「適当に食材を使われたせいで一週間分の料理の予定が狂った」と怒られたという話があります。

彼女としては食材がたくさんあることで何でも作れると思ってしまったのでしょうが、彼氏にとっては一人分の一週間の食事で使えるように計画して買い物をしていたのでしょうから、気持ちはよく分かります。

このお話の彼氏のように、一人暮らしの自炊に慣れてくると自分が一週間でどのくらいのものを食べるか、というペースが分かるようになるものです。

ある程度まとめて購入しておくことで、何度もお店に足を運ぶ必要がなく、予算内で計画的に食事を作っていくことができます。

ただ、料理に慣れていない人がまとめ買いをしてしまうと、単に目についた安そうなものを買い込むだけになってしまうので、逆に使い切る前に傷んでしまったりして無駄な廃棄分が出てしまったりするものです。

まとめ買いは何度か繰り返していくうちに少しずつコツを掴んでいくものですが、まずはあまり余計に買い込みすぎるのではなく、使い切れる分量から順に購入していきましょう。

買い物の回数を減らすことで無駄遣いを防ぐ

節約術について触れている記事をみてみると、まとめ買いは「する方がお得」派と、「しない方がお得」派に分かれます。

「しない方がお得」という人は先に触れたように、無駄な余りを出すくらいならこまめに購入した方が多少割高でも損がない、ということが理由です。

しかしいくら無駄な廃棄分がないと言っても、買い物の回数が増えるということは、それだけ無駄遣いをする機会も増えてしまいます。

一週間に一度のまとめ買いであれば、その中でやりくりをすることができるのでそれ以上にお金が減ることはありませんが、なくなる都度買い物をしていると、どうしても訪れたときのセール品や小腹が空いた時のおやつに手が伸びてしまうでしょう。

ついつい必要なものだけでなく飲料やお酒に手が伸びてしまうこともあり、それが少しずつ無駄遣いになっていってしまうこともあります。

まとめ買いを成功させるコツとしては、生鮮食品など傷みが早いものについては先に火を通してから冷凍処理をするなど、使いやすく先に下ごしらえしておくことがあります。

ざっと下ごしらえをしておくと、一回ごとの料理の時間を短縮させることができ、急な飲み会など食事の予定が狂った時にも無駄なく使い切れるものです。

Back to Top